住宅ローン金利は変動金利を選ぶ人が多い?

住宅ローン金利の金利は変動金利を選ぶ人が多いと言いますが本当でしょうか。
平成23年の住宅ローン金利を借り入れした人の金利のデータですと、半数を超える人が変動金利を選んでいるようです。
なぜ変動金利が多いかは二点の理由があると思われます。
一つは低金利が長期化していることによって、当分金利が変わらないのではないかと思う人が多くなってきており、住宅ローン金利の金利が今後も当分変わらないなら金利が低い変動金利が良いと思うことです。
もう一点は建築会社や不動産会社の営業マンが、返済額が少ない変動金利の方が顧客が手を出しやすいので、資金計画を立てる際に変動金利で計算をしてそのままの流れで変動金利で購入しているケースも多いと思われることです。