看護師は高給取り?給料に不満なら転職で給与アップ狙える?

他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、Wワークをしようと思えばできるのです。
とは言え、メインで働いている職場の規定で副業を禁止、としていることもあります。
また、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
看護師が違う医療施設に転職するにはまず、どうすればいいでしょう。
看護師に限ったことではないですが、転職を検討する場合、多種多様な理由が存在するでしょう。
家族の転勤、妊娠や出産などによる勤務条件の変化、労働環境への不平不満、人間関係など、悩みはつきないことと思います。
日本のナースの年収は平均して437万円程度です。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤務する看護師は、公務員として在籍しているため、年収は平均すると593万円ほどになります。
公務員として勤めている看護師は給与の上がる率も民間の病院に比べて高く、福利厚生も手厚くなっています。
准看護師のケースは、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。
他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。
それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、園児や小学生などの母親をしながらであってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。
小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。
ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。

看護師転職先で人気なのは?【満足度が高い好条件の求人とは】