ペットローンの審査が甘いのは危険なの?

ペットローンは生き物を購入する際に利用できるローンですが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、ローン審査をクリアしない限りお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットショップのペットローンに落ちたという話を聞くことがありますが審査に落ちた人は、原因が必ずあるはずです。

過去に自己破産をしていたり携帯電話の支払いを忘れたことがあるという人は信用情報に問題があります。

その他にも、数社から融資を受けているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には借入条件が厳しくなったり、制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準として「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも継続1年以上はないと厳しいでしょう。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますがこちらも満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでもローンを組むことができます。

消費者金融にはペットローンというローンの提供はされていませんがプロミス目的ローンであれば収入の1/3以内ならアルバイトでも申し込み可能です。

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、ほとんどの信販会社ではペットローンはなく、目的別ローンでペットの購入にも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

信販会社のオリコでは多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができ、返済時の利率は6.0%から13.2%となっています。

同様に信販会社のセディナにも総合目的ローンという商品があるのですが最大借入額は300万円までで、金利は7.8%から11.8%となっています。

ペットローンを取り扱っている銀行や信販会社は多数ありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

金利が低い順だと、銀行、信販会社、消費者金融で審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例にすると、イオン銀行は年利3.8%から年8.8%、スルガ銀行は年利2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランの場合は年6.0%から13.2%というように銀行よりも高めの金利になっています。

ちなみに消費者金融(プロミス)の場合は、ペットローンはないので目的ローンという商品になりますが年利6.3%から年16.5%とかなり高金利となっています。

最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円と高い金額ですが、オリコやプロミスなどの消費者金融だと300万円程度です。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してペットローンを組めるようしています。

ショッピングローンはペットの購入費を信販会社が立て替えることで購入者は代金を信販会社へ分割払いで返済していくというものです。

クレジットカードでショッピングするのと同じと思われがちですがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

ペットショップで申込書に記入するペットローンもショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安...など最初の一歩がなかなか...という人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く具体的に年収制限が設けられているのはイオン銀行くらいではないでしょうか。

参考:http://www.chezsavane.com/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB/

ペットローンではパートやアルバイトでも安定した収入があればOKというローンが多く収入よりも継続してお仕事をしているかということを重要視しているようです。

当然、年収は多い方が有利になりますがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になります。

ペットショップでペットを購入する際にローンを組む場合、頭金を用意しておくことで借入金額を減らすことができます。

融資金額が少ないほど審査のハードルも下がりますからペットローンを利用しやすくなりますね。

頭金は多いに越したことはありませんがいくら納めるかは任意です。

ただし、生体価格以外にワクチンなど別途費用がかかりますから手持ちのお金をすべて頭金につぎ込んではいけません。

別途かかる費用としては餌、ペットシーツなどの消耗品も必要になりますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立したローンとして商品化している数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、借入限度額が最高で800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%、支払回数は最大120回払いと非常に良心的なスペックです。

インターネットで全国どこからでも申込でき審査から契約手続きまで全てがWeb完結しますから、来店の必要はありません。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定した収入があることが求められます。

住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが銀行のペットローンは審査が厳しめです。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが一般的に金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるのでそのご褒美として金利を低くして貸してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査が厳しくその次は信販会社のペットローンのようです。

三井住友フィナンシャルグループのセディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンがあります。

セディナの総合目的ローンは入院や出産、引っ越し、結婚式など大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップの見積書や契約書があれば動物の購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下の人、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、返済期間は最長5年(60回)です。