iphoneの節電対策って?

iphoneやスマートフォンで唯一困る事が、充電の減りの早さだと思います。
得にiphoneは、電池パック。
と言う物がないので、充電があまりにも早く減り過ぎるとなると、修理の対象となるようです。
修理もただではありません。
なかなか高額な様ですので、出来れば節電をして、電池を長持ちさせたいものですよね。
iphoneの設定画面では、節電モードに出来る設定を行う事が出来ます。
ですが、それだけでは不十分です。
バッテリーが減る理由は、やはりバッテリーを沢山使っているからです。
少し休ませてあげる事も、長持ちさせるには必要です。
ですので、充電している時は、一切触らない方が良いそうです。
ついつい、充電しているから大丈夫。
と思い、触ってしまう事が多いですが、そうしてしまうと、バッテリーも充電しながらまた使っている状態になり、かなり寿命が短くなってしまうそうです。
iPhone6Sの料金が一番安いキャリアはどこ?