リフォームローン審査の必要書類とは?銀行で申し込み時に必須なもの! 【Q&A】

正しいリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけません。

借入れ可能な期間や上限金額や保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利は0%、しかも無担保でリフォームローンを組める場合もあります。

リフォームローンは種類が多いのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、口コミ評価が良い金融業者が良い業者とは限らないということです。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちしその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われず付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるかないかによっても金利が変わり近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型は市場金利に伴い6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の上下に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く比較的審査に通りやすいようです。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォームの業者さんも探さなければいけません。

リフォームローン金利比較は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

比較検討したい金利や借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

アプラスのリフォームローンはTポイントが貯まります。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

アプラスの金利ですが、短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

参考:リフォームローン審査の必要書類は?リフォームローンの申し込み! 【Q&A】

融資の金額は50万円以上1000万円以内とされており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

利率は変動金利型となっており、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

加えて、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

返済に無理のない借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

借入希望額、返済期間などを入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報の登録などは一切ないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は素人では難しいので便利な機能をありがたく使っていきましょう!多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

でも、住宅事情は人それぞれで異なるので一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローンフラット35リノベが販売開始しています。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工業者によって違うようです。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額というのは業者が作成する見積書などによって確定となりますので余るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。