ビジネスローンビジネクストは即日審査は不可能?追加融資はできる?

創業を考えている人の中にはビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はできるだけ低金利で借りたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例として、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なタイプのローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは15年以内の返済では通常金利で1.8%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則保証人不要なようです。

日常生活をしていると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとはどのような理由から使い分けされているのでしょうか。

ネットで検索しみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同一と捉えていいようですが厳密にはその言葉が使われる目的による定義があるようです。

キャッチコピーは商品などを宣伝するためだけに限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。

中小企業の経営者さんの中には市場の変化や減価償却費などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は通りづらいです。

ノンバンク系のビジネスローン会社なら融資してくれるかもしれません。

例を挙げると、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、印鑑証明などで審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」という売り文句通り赤字でも融資をしてもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と載っていますが赤字決算企業の審査の場合は即日融資は難しいようです。

資金繰りに困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった部分を見て借入先を選べば良いのでしょうか。

インターネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

一番言及されている点は申し込みから融資までの速さのようです。

申込してから審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、オリックスグループなどどこのグループ会社なのか、累計利用者がどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に見ておきたいのは最大限度額や金利、いつまでに返済したらいいかという最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHP上には返済シミュレーションが用意されているので参考にしてください。

個人事業主、自営業者の方にとって新規事業立ち上げなどの事業のための資金調達は経営上非常に重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と違い資金調達方法の選択肢が限られています。

例えば、法人の場合では、不動産担保ローンや有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らず融資されない可能性が高くなっています。

そういったときの資金調達方法にオススメなのがアプラスなどのビジネスローンの利用も考えておきましょう。

ビジネスローンごとに上限など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

設備投資をしたいけど予算がない、開発資金が足りなくなってしまった、そんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

ビジネスローンには色々なメリットがあります。

例えば、銀行融資と違い担保や保証人が原則不要なことや審査から融資までスピーディーに行われることなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くのビジネスローンでは新規開業資金などの場合でも事業計画所提出で審査を開始してくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に利用を考えてみるのもいいかもしれません。

新規開業時と同様に会社の業績が浅かったとしても対応しています。

ビジネスローンで借り入れしている方の中には今借り入れしているローンよりも有担保低金利ローンなどへ変更をしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調査してみました。

結論から言うと金融機関から他の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、ビジネスローンは使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社から借り入れたお金で返済したところでA社からすると貸していた事業者から完済してもらっただけということになります。

なのでA社からすると拒否する理由もないからです。

同じように銀行融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金は事業用にお金を借りることはできません。

もし事業用に使いたいならビジネスローンで借りなければいけません。

でも、ビジネスローンとはどういったものか知らない人も多いと思います。

大きく分けてみなさんが思い浮かぶ銀行融資と銀行融資より高金利だけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資と非常に大きな差があります。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系を使うことが多いようです。

ビジネスローンで資金繰りをしようと考えている方、どのローンで工面しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを利用するのはいかがでしょう。

このローンと他のローンの違いとして、ご利用限度額の範囲内なら何度でも追加で借入することができるという点があります。

他のローンでは、追加で借りる際には毎回、申し込み、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ必要な条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへ商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字決算を出してしまった、出してしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でもローン審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合利益が0なのでので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを申し込む場合です。

色々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必要な書類を調べてみました。

①マイナンバーカードなどの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書の提出が不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて取引を行う場合は必要な書類も大きく変わります。

近年、フリーランスや起業したばかりの会社など大企業に比べて規模の小さい事業を行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は多くを占めますがやはり資金繰りに苦労している会社は多いようです。

中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は40万社減少しており、特に多いのが小規模事業者のようです。

中小規模の会社では短期間での融資のニーズが多くそのニーズに応えるのがビジネスローンです。

短期間での融資のニーズ出てきます。

そのニーズに応えるのがbusinextなどのビジネスローンです。

選ばれている理由を見てみると担保やオンライン上で申請できるので来店が原則不要といったことや書類の提出から融資までの時間が銀行よりも短いといった面があるようです。

世の中に多く存在するビジネスローン会社ですが正直、審査内容の基準や仕組みなどがどうなっているかわからずどのローンを活用したらいいか迷ってしまいますよね。

口コミなどから特徴などを調べてみました。

実際にアップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で連絡をして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算でなるべく早いタイミングで融資が必要なときに資産と収益などを評価してもらって希望額を借入できたということもあるようです。

その他にも従業員3名以下の小規模経営企業の利用が多いようです。

迷った際は実際に利用した人の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

事業を始める際の資金繰りで強い味方であるビジネスローンですが色々な金融機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローン商品ごとに利率も違うので借りるタイミングごとにどのローンを使うのかを理解しておくことが大切です。

支払い期限が迫っているなどすぐに資金が必要なときにおすすめなのがプロミスなどが行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンではほとんどの場合において無担保での融資になるため金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、支払い期限などの時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

融資で資金を借りる際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資の場合は、無担保でも2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、変動年金利で2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

参考:ビジネスローンビジネクストは即日審査可能?【総量規制適応?】

事業者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字決算を出してしまった、出してしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が決められるのですが赤字の場合利益が出ないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性があるケースもあります。

例を挙げると、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

日常生活をしていると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく聞くことが多いです。

こういったキャッチコピーって語呂が良くて覚えやすいものも多いですよね。

似たような言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほとんど同じものと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による定義があるようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定され、消費者の心を動かす言葉、キャッチフレーズは雑誌の見出しなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

近年、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて規模の小さいビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの比率は高いですが大企業に比べ資金面は不安定になりがちです。

2017年発行の中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は39万社減少しており、小規模事業者の廃業が非常に多いそうです。

中小規模の会社では短期間での融資のニーズが多くそのニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社としては最大手とされています。

ビジネスローンが選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といった面や書類の提出から融資までの時間が銀行よりも短いといった面があるようです。

個人事業主、自営業者にとって必要なことはわかりますか?資金調達は非常に重要な要素となります。

個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が現状では限られています。

例えば、法人の場合では、日本政策金融金庫からの貸付や銀行融資など経営状況によって色々な選択肢がありますが個人事業主の場合、日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性が高くなっています。

そういったときの資金集めの方法としてアプラスなどのビジネスローンで集めることも考えておきましょう。

ビジネスローンごとに細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく金利を低く抑えて借りたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローンが用意されているので借主の状況によって選択するローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンの場合5年以内の返済では優遇金利で1.2%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保や保証人は不要なようです。

色々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なって準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に基本的に必要な書類を調べてみました。

①マイナンバーカードなどの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば申込審査が受けられますが場合によっては、終始計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては1期分の決算書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

世の中に多く存在するビジネスローン会社ですが正直、各ローン会社の特徴などがわからずどのローンを使えば良いか悩んでしまいますよね。

口コミなどから評判などを調べてみました。

アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算に陥ってしまったタイミングで融資が必要なときに決算状況だけでなく資産や収益などを評価してもらって希望額を借入できたという評判もありました。

他にも、顧客の大半が従業員3名以下の小規模企業ということがわかるなど迷った際は利用者の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

中小企業の経営者の中には市場の変化などで赤字決算に陥ってしまって資金繰りが必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は簡単には行きません。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら融資してくれるかもしれません。

例を挙げると、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、個人事業主の場合は確定申告書2年分の提出をすることで融資の審査を受けられます。

赤字でも融資をしてもらえたという経営者さんの体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と書いてありますが赤字決算企業の場合は即日融資は厳しいようです。

ローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という言葉です。

どういったものか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのビジネスローンのことでした。

検索して上位に出てきた沖縄銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要という条件で審査を受けられるようです。

融資額は最大5000万までということなのでローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

ただし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長いことも多いです。

そのため短期間で資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

事業を始める際の資金繰りで強い味方であるビジネスローンですが色々な金融機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も異なるので借りるタイミングごとにどのローンを使うのかを理解しておくことが大切です。

支払いが滞りそうなどすぐに資金が必要なときにおすすめなのがエール500などのノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローン会社の場合、無担保で融資を受けられますが金利が6%?18%の間と幅広く設定されています。

逆に、半年後のことを見越して借りたいなど時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

ビジネスローンで資金繰りをしている方の中には今借り入れしている金融機関よりも低金利の金融機関を見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、別のローン会社から借りた資金で返済できるのかわからないという方もいると思いますので調べてみました。

結果から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が自由なので金融機関A社からの借入金を金融機関B社から借入金で返済したところでA社からすると完済してもらっただけということなのでA社からすると拒否することができないからです。

借り換え目的の場合は借入先にその旨を必ず伝えましょう。

中小規模の企業における設備投資など短期的に短期的に解決してくれるのがビジネスローンですがそもそも事業者向けローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なカードローンは個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですがギャンブル・事業目的の利用はできません。

一方で事業者向けローンは事業者を対象にしたものになります。

事業目的の融資は銀行をイメージする方も多いと思いますが資金が必要なタイミングまで時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や保証人が原則不要となり申し込んで即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

よくCMや街角で見かけるアコムですがCMでは消費者向けしか宣伝していませんが実は、ビジネスローンも行なっているのを知っていますか?アコムのローンは一般的なノンバンク系のローンと異なり対象を法人ではなく個人事業主にしています。

そのため、多くのローンでは上限を最大で500万?1.000万設定なのに対しアコムのローンは最高で300万までと融資上限が設定されています。

他の違いとしては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように限度額まで何度でも利用できることです。

また、審査期間も多くのビジネスローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっています消費者向けローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンを利用して借りたお金は事業用にお金を借りることはできません。

もし事業用に使いたいならビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういった種類があるのでしょうか。

大きく分けてみなさんが思い浮かぶ銀行融資と金利が高めだけど審査が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に短いです。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

融資で資金を借りる際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で借りたいですよね。

そこで、今回は3種類の金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資の場合は、無担保でも2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンでは、2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、融資までの期間が短いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%とローン会社ごとに幅がとても広くなっています。